皮膚疾患治療・症例に関すること

アトピー性皮膚炎は、愛犬と飼い主様を悩ませる皮膚炎です。若い時期に発症し、管理は長期にわたります。
そのため、飼い主様の理解と協力がとても重要です。
大変苦労を要しますが、一緒に頑張りましょう。

知っておきたい難治性皮膚炎のお話

人と同様、動物にもアレルギー性皮膚炎があります。動物の皮膚病の30%以上はアレルギーによるものとも言われています。
最近ではアレルギー検査を行うことにより、このような難治性皮膚炎の原因探索が可能となってきました。
アレルギー検査もいろいろありますが、当院ではアレルギーの原因である抗原(環境アレルゲン)の検出だけでなく(IgE検査)、アトピーであるか食物アレルギーであるのか鑑別診断も行っていますリンパ球反応検査)。
両者が重なり合っている場合も数多くありますが、もし食物アレルギーによる皮膚症状のみであれば、食事の工夫一つで改善が期待できますし、内服薬からの脱却も可能です。

≪当院のアレルギー検査≫
IgE検査
リンパ球反応検査
※動物アレルギー検査株式会社 http://www.aacl.co.jp/index.html
ページトップへ