●フィラリア予防について

〜注射(年1回)タイプの予防薬も取り扱っていますのでご相談ください〜

フィラリア症とは
フィラリア症は、「(いぬ)糸状虫症(しじょうちゅうしょう)」とも呼ばれ、蚊が媒介するフィラリア(犬糸状虫)という寄生虫が心臓に寄生し、死に至らしめる恐ろしい寄生虫感染症のひとつです。ここ茅ヶ崎、寒川地域においても実際に存在し、当院においても毎年複数例来院されています。

フィラリアの予防
現在、予防薬によるフィラリア予防が確立されています。さまざまな種類の予防薬があり(錠剤・ジャーキータイプ・スポットタイプ等)、月に一度投薬するタイプが主流となっています。フィラリア症の予防薬は、蚊に刺されて犬の体内に入ったフィラリアの幼虫が心臓に寄生してしまう前に駆除するお薬で、投薬前1ヶ月間に感染した幼虫を駆除するものです。つまり「感染」→「駆虫」→「感染」→「駆虫」という作業を一ヶ月毎に繰り返し行うわけです。このため、予防薬は蚊が発生し始めた月より1ヶ月遅れて投薬を始め、蚊が発生しなくなった月の少なくとも1ヶ月後まで続ける必要があり、一般的には5〜12月にかけて継続的に投薬することが効果的です。茅ヶ崎寒川地域でも、投薬を11月で終了したために感染してしまったケースが見られています。

フィラリアの検査(血液検査)
当院では、投薬前に血液検査を行っています。これは、フィラリアが寄生した状態で投薬すると、駆除された虫が心臓に詰まるなど、ショック死を引き起こす恐れがあるためです。またいずれのタイプのお薬も製薬会社から要検査を依頼されています。

〜フィラリア症は予防できる病気です。大切なペットのため、月1回の投薬を継続しましょう〜

ノバルティス・アニマルヘルス株式会社 http://pet.novartis.jp/p_trivia/index.html
フジタ製薬株式会社 http://www.fujita-pharm.co.jp/case_s/index.html
明治製菓株式会社 http://www.meiji.co.jp/animalhealth/buddy/panamectin/q&a/index.html
メリアルジャパン株式会社 
http://www.merialclub.jp/cardomec/filariasis/index.html

トップ

メニュー