診療報告 【腫瘍性疾患】治療・症例に関すること

皮膚の腫瘍(肥満細胞腫)~皮膚に発生した腫瘍

犬の肥満細胞腫は3大悪性腫瘍の1つとされています。
多種多様の形態をとり、あらゆる場所に発生します。皮膚型の肥満細胞腫は数mmのものでも認められます。
長い間穏やかに経過していた小腫瘤でさえ、肥満細胞腫の可能性がありますので注意してください。
“大丈夫だろう”には大きな落とし穴があります。またパグ犬と猫は特に小さめの形態をとるものが多く、注意が必要です。

1904mast-2
1904mast-3
病理組織検査から肥満細胞腫(Patnaik1型)と診断されました。
ページトップへ