小動物歯科 (スケーリング、歯周病、口腔外科)治療・症例に関すること

hp-teeth-clean
hp-teeth2
1. スケーリング 

超音波振動装置やハンドスケーラーなどを利用して、歯の表面だけではなく、裏側の歯周ポケットも丁寧に歯石を取り除きます。

超音波振動装置は注水下で歯石を粉砕し除去します。この装置の使用により短い時間で効率がよ くスケーリングが出来ます。
DSCF4016
2. ポリッシング 

歯の表面は肉眼では見えにくいですが、歯石や摩耗により傷がたくさん着いています。

専用クリームで歯の表面を丁寧に研磨することで、表面を円滑にし歯石の沈着防止や綺麗な状態を維持することができます。
DSCF3197
DSCF3594
3. 歯周ポケットの治療:半導体レーザー 

半導体レーザーで歯周病菌によって生じた歯周ポケットの治療を行います。
レーザーを照射することにより歯周病菌を殺菌し鎮痛効果も得られます。
また歯肉の引き締め効果から再発の防止にもなります。この歯周ポケットの治療がスケーリングには重要です。
DSCF3430
4. 歯周ポケットの治療:抗菌剤の注入

そして最後はレーザー治療と並行して歯周病細菌に対して効果のある薬(抗菌薬)を併用します。

抗菌療法は、通常の歯周病治療と比較して多くの研究論文でその効果が実証されています。

この抗菌療法も歯周ポケットの治療には重要です。
治療後
5.退 院

午後6時頃には退院することができます。(写真左:治療前/右:治療後)
ページトップへ