診療報告 【内科疾患ほか】治療・症例に関すること

膿皮症(ワンちゃん)

環境、気候、ストレス、アレルギー、細菌、真菌など皮膚に異常をきたす要因は多々あります。
この子は甲状腺ホルモンの低下から皮膚バリアが異常をきたし、細菌の二次感染から皮膚病変が生じました。
抗生剤等の内服、シャンプー療法を行いました。

ページトップへ