診療報告 【外科疾患】治療・症例に関すること

皮膚移植術

3歳の雄猫が交通事故により右後肢肢端に皮膚欠損を生じる。
カイトパック等にて4週間皮膚の修復を試みましたが、肉芽形成でとどまり、腹部からの有茎皮弁術を試みました。

1611MiKuma%20018

腹部より皮膚弁を形成し移植しています。

1611MiKuma%20021

欠損部を覆うことが出来ました。

ページトップへ