設備紹介当院に関すること

外科手術において
止血・切開・凝固・血管シール切断・蒸散の効果が得られ外科手術に活躍する半導体レーザ手術装置です。また、出血、疼痛、腫脹が少なく、術後の回復も早いのがレーザー手術の特徴です。
当院では生体内に縫合糸が極力残らないようレーザーを適切に使用しています。また口腔内などの腫瘤切除においても出血がほとんどなく有効です。

001

外科手術において
止血・切開・凝固・血管シール切断・蒸散の効果が得られ外科手術に活躍する半導体レーザ手術装置です。また、出血、疼痛、腫脹が少なく、術後の回復も早いのがレーザー手術の特徴です。
当院では生体内に縫合糸が極力残らないようレーザーを適切に使用しています。また口腔内などの腫瘤切除においても出血がほとんどなく有効です。

cheese-paincont

疼痛緩和・創傷治癒促進
レーザー光は血行や細胞の活性化を促し、例えばの慢性関節炎、皮膚炎、裂傷などに対し疼痛の緩和、消炎、創傷治癒促進に効果があります。
特に椎間板ヘルニアのリハビリにおいても絶大な効果を発揮します。

緑内障
緑内障は眼内圧の急激な上昇により疼痛、視力の消失を引き起こします。
この緑内障の治療としてに毛様体という部分にレーザーを照射し眼房水の産生を抑制します。
cheese-t1
cheese-t2
歯周病治療
口腔外科にレーザー治療も取り入れました。歯周ポケットにファイバーを挿入し、低出力でレーザーを照射することによって、歯肉が引き締まります。
ヒトの歯科領域においても効果は認め られています。

腫瘍の蒸散
主に皮膚腫瘤(すなわちイボ)に用います。
無麻酔で行うことが可能で1回の照射で約1月後には消失が可能です。

ページトップへ