マイクロチップのご案内治療・症例に関すること

はじめに

マイクロチップは万が一のときに大切なペットを守るために必要なものです。

動物の皮膚下に数mmのチップを注射するだけで、動物には負担をかけずに挿入が出来ます。

マイクロチップとは

マイクロチップとは動物の個体識別のための電子標識器具です(MC)。MCそのものは電磁波を発したり、電池交換が必要なものではありません。
小型集積回路(IC)というものが入っていて、世界に1つしかない番号(ID番号)を記憶し、読み取り器(リーダー)でその番号を読み取ります。
このID番号により飼主さんの住所などを確認します。つまり迷子になった時、首輪や鑑札がなくなってもマイクロチップを装着していれば、所定の施設や動物病院にある読み取り器でID番号を確認し、身元確認が出来るのです。

※ マイクロチップの情報管理に関しては、個人情報保護法を遵守します。

マイクロチップはペットを守るためのもの

1. 万が一迷子になっても保護先でリーダーで読み取れば、家族の元に帰ることができます 。


2. 災害時に身元確認ができます。 また、避難所の受入れを円滑にさせます。


3. 捨て犬・捨て猫による不幸な動物が減り、公園たゴミ集積所などの環境衛生が改善します。


4. 首輪を外されても身分を証明できるので、盗難の防止に役立ちます 。


5. 不正な手段で入手した動物販売 を抑制します。


6. 虐待動物の経緯を調査する助けとなり、再発を防止できます。


大日本住友製薬アニマルサイエンス部   http://animal.ds-pharma.co.jp/
ページトップへ