不妊手術治療・症例に関すること

若いうちに不妊手術をすることで女の子は乳腺腫瘍や子宮に膿が溜まる子宮蓄膿症は予防できます。
また、男の子の場合、前立腺肥大や精巣腫瘍 、会陰ヘルニアの予防にもなります。

手術までの流れ

ご予約~手術前検査~手術~退院

ペットの不妊手術については、多様な考え方があります。人は自身に置き換えて考えがちですが、ここでは獣医学的見地から不妊手術の必要性について触れます。
将来この仔の赤ちゃんが欲しいというお考えの方は不妊手術の必要はありませんが、繁殖の希望がない場合は 、不妊手術を考える機会を持っていただきたいと思います。


近年、犬の乳腺腫瘍の発生率は全腫瘍の52%と最も多発 する腫瘍です。この乳腺腫瘍の発生率は、初めての発情出血までに避妊手術を受けることで0.5%以下 と大幅に低下させることが出来ます。
また子宮蓄膿症、前立腺がんなども致命的な疾患です。このような病気の予防には不妊手術が最善とされています。

手術の時期は、個体差もありますがおおよそ生後6ヶ月前後が最適です。
体力も生理的機能もしっかりし、手術後の回復も早いためです。

予約

不妊手術については予約制となります。
手術前には手術の内容、当日までの自宅における健康管理、おおよその費用についてご説明いたします(電話でのご説明はいたしかねますのでご了承願います)。

手術前検査

003
安全に手術が行えるよう血液検査やレントゲン検査といった術前検査を行います。
朝のお食事を抜いて午前9時にご来院ください。

麻酔

0005
点滴や注射をする血管を確保するため静脈内留置針を装着します。点滴下で全身麻酔をかけます。
また抗生剤、止血剤、鎮痛剤などを用い、術前よりペインコントロール(鎮痛管理)を行います。

1. 手術中に麻酔が安全に行えるよう、血圧計や心電図、血中酸素濃度、呼吸モニターなど生体モニターをセットします。

2. 手術中の感染を最小限にするため、手術部位の毛刈りや洗浄、消毒を丹念に行います。

3. 麻酔法は複数ありますが、ほとんどの手術で気管チューブを挿管した吸入麻酔を用います。

痛み止め

手術による痛みのストレスを最小限にするため、鎮痛剤(痛み止め)は非ステロイド系やモルヒネ剤などを適正に使用し、手術前、術中、手術後まで管理しています。

手術

hp-ope-pre
hp-ope-sight
手術は執刀医、手術助手、麻酔係などチームで行います。

退院

入院はなるべく短期間になるよう努めていますが、安心して退院できるまで一定の入院が必要となります。
女の子は1日の入院、男の子は当日午後6時には退院できるよう心掛けています。
退院の際は自宅での管理方法について説明し抗生剤や痛み止めのお薬を処方しています。

不妊手術について

避妊手術を行った場合(メス)

◆将来予想される子宮疾患、乳癌の予防になります。最近では分離不安症の予防にもなるといわれています。

◆子猫(子犬)を生まなくなります。里親探しといった苦労や迷い猫・犬が少なくなります。

◆発情がなくなります。うるさく鳴いたり、落ち着きがなくなったりがなくなります。

◆性格がおとなしくなり、扱いやすくなります。

◆雄がたくさん寄ってきて騒ぐことがなくなります。

◆野良猫・野良犬に餌を与えている方には合理的・経済的です。


去勢手術を行った場合(オス)

◆発情による連続したストレスを軽減することが出来ます。

◆将来予想される前立腺肥大、肛門周囲腺腫、癌といった病気の予防になります。

◆自分のなわばりであることを示す為の排尿(スプレー )行為がなくなります。

◆雄同士の勢力争いによる喧嘩がなくなり、怪我をするリスクも減らせます。

◆ご近所の雌猫に子を産ませて問題を起こすことがなくなります。

◆雌猫を求めて家出し、そのまま行方不明になることがなくなります。
ページトップへ