当院の手術について

手術を行う際、動物の場合“術前検査・・・”というと意外にも驚かれる方が多いのが事実です。医療と同様獣医領域においても100%安全な麻酔は なく、死亡する可能性も0%ではありません。当院ではそういった危険性を最小限にするため、術前検査(血液検査やレントゲン検査など)を行っています。

椎間板ヘルニアの手術

不妊手術

手術前の検査

  1. 不妊手術については予約制となります。その他の手術は診察の際に日程を決定いたします。
  2. 手術前には手術の内容、当日までの自宅における健康管理、おおよその費用についてご説明いたします (電話でのご説明はいたしかねますのでご了承願います)。
  3. 手術部位については、術前に詳細な検査を行います。
  4. 不妊手術など健康なワンちゃんネコちゃんについても、安全に手術が行えるよう血液検査やレントゲン検査といった術前検査を行います。

手術の準備

  1. 点滴や注射をする血管を確保するため静脈内留置針を装着します。

  2. 手術中に麻酔が安全に行えるよう、血圧計や心電図、血中酸素濃度、呼吸モニターなどモニタリングします。

  3. 手術中の感染を最小限にするため、手術部位の毛刈りや洗浄、消毒を丹念に行います。

  4. 麻酔法は複数ありますが、ほとんどの手術で気管チューブを挿管した吸入麻酔を用います。

手術開始

1.手術は、執刀医、手術助手、麻酔係などチームで行います。

2.当院で最も多い手術は不妊手術と腫瘍の摘出手術です。 椎間板ヘルニアの手術にも対応しています。

3.術後の“痛み”が最小限に抑えられるよう術前よりペインコントロール (鎮痛管理)を行います。

4.絹糸縫合性皮膚炎の予防のため 、高品質な吸収糸を使用しています。

絹糸縫合反応性皮膚炎って?手術中の止血の際に用いる糸が、将来体内 に残存し手術後の生体反応として副作用(皮膚膿瘍など)を起こす ケースで、ミニチュアダックスが好発犬種です。

手術終了、退院

1.入院期間はなるべく短期間になるように努めています。

2.一定期間入院し 、術後の急変の可能性も少なく自宅管理が可能と判断した場合に退院となります。

3.退院の際は、自宅 での管理方法について説明し、必要に応じて緊急用電話番号をお伝えしています。

4.腫瘍などの手術をした際は、術後肺転移などの可能性があるため定期検診が必要となります。場合によっては内科療法や化学療法なども行います。

5.当院において 手術が不可能と判断された場合は、大学病院や専門医の診察をおすすめしています。

トップ

メニュー