腫瘍について

近年ペットも高齢化に伴い、病気も多様化しています。中でも腫瘍性疾患すなわち“癌”が深刻な問題で、ワンちゃんネコちゃんの死因のトップとなっています。そのため腫瘍に対する正確な診断と最善な治療が求められています。
当院では血液検査、画像検査、病理組織検査による確定診断に基づき、外科療法、内科療法、化学療法を実施しています。またサプリメントも取り入れています。

トップ

メニュー