From 1964 in SHONAN  CHIGASAKI

つるみね通り動物病院

前立腺肥大 Prostatic Hyperplasia

 犬の前立腺肥大は比較的多い泌尿器疾患です。血尿、血便、頻尿といった排便排尿時に異常をきたして初めて発見される事が多いです。前立腺の肥大には老齢性による変化や腫瘍性によるもの。細菌性によるものとがあります。完全に排尿が出来なくなると全身状態の悪化から生命に危険が及ぶ事もあります。この子は検査の結果、前立腺膿瘍でした。

腹部レントゲン検査から前立腺の腫大を認めます。
病理組織検査から前立腺膿瘍と診断されました。

戻 る