From 1964 in SHONAN  CHIGASAKI

つるみね通り動物病院

 

脾臓の腫瘍 (悪性線維性組織球腫) Maligunant fibrous histocytoma

 10歳のオスのワンちゃんです。 当初皮膚疾患を主訴に来院しましたが、血液検査から肝機能の低下。レントゲン検査、腹部超音波検査から腹腔内の脾臓部位に腫瘍性病変を認めました。外科手術から腫瘍化した脾臓を摘出し、病理組織学検査を行ったところ悪性線維性組織球腫と診断されました。 この部位の腫瘍としては血管肉腫、肥満細胞腫、リンパ腫が多く、3大悪性腫瘍の後発部位でもあります。早期発見が予後に重要となります。

腹部レントゲン検査から腹腔内腫瘍の疑いを認めます。 病理組織検査から悪性線維性組織球腫と診断されました。

戻 る