From 1964 in SHONAN  CHIGASAKI

つるみね通り動物病院

大腿骨頭脱臼 

  大腿骨頭脱臼です。強い疼痛から患肢の跛行が認められるようになります。 非観血的に治療を行い完治するケースもありますが、再発を繰り返したり、重症の場合は外科手術を行います。人工靭帯を用いる方法など種々の術式がありますが、今回の症例は小型犬で骨頭切除術を行いました。

手術前のレントゲンです。
大腿骨頭が頭背部に脱臼しています。

手術後のレントゲンです。大腿部と骨盤部が接触が抑えられ、痛みが緩和されます。

大腿骨頭前縁から切開しています。

脱臼した骨頭を電動カッターで切除しています。

戻 る